FXの最大の敵メンタルの弱さに向き合う

メニュー

FXにおけるメンタルの重要性

FXの敵メンタルの弱さ

有効な手法を手にして、十分な検証をしてリスクリワードも考慮し利益を積み上げられるトレードルールを構築出来たら、いよいよロット上げをしたいですね。いつまでも100通貨単位では、リスクはないけれど利益にもなりません。複利で稼ぐ事がFX投資の魅力です。

 

(トレードルールをまだ構築できていない方はこちらを参考にして下さい。手法の利用の仕方

 

しかし、FXの最大の敵はメンタルの弱さなんです。
トレードを続けると誰でもメンタルの壁にぶつかります。
2、3回の連敗なら我慢出来たかもしれませんが、4連敗5連敗はどうでしょう?
イライラし始めてトレードルールを崩してしいませんか?
早すぎる損切り、早すぎる利食い、または損切り出来なくなってナンピンしたり、ドテンして往復ビンタを食らったりなどです。
いくら有効な手法で売り買いしても、連敗は付き物です。なのに、その度にメンタルを崩してトレードルールやリスクリワードを無視してしまっては、トレード全体のバランスを崩してしまい、小ロットで積み上げた利益も、大きなロットで簡単に吹き飛んでしまいます。

 

不安、恐怖、緊張、焦り、など不安定でネガティブな心理状態ではメンタルを保てず良い結果になりません。
ネガティブな精神状態は、自分の冷静さを失わせ、ネガティブな結果を引き寄せるのです。
トレードで利益を積み上げて行きたいのなら、トレードルールをもとに一貫したトレードと、リスク管理が大事です。
しかし、その行為だけでなくトレーダー自身の強いメンタルも必要です。

 

では、メンタルに打ち勝つには、どうしたら良いのでしょう?

 

まず、手っ取り早くて有効な手段は、「トレードを控える」です。
自分の心理状態が今どうなのかネガティブ思考に陥っていないか、日常生活の中でイライラしていないか、というメンタルに影響がありそうな日はトレードは控えた方がいいです。
また、手法に合わない相場状況が続く、そんな日はすぐに無理だと判断して、すぐにPCの電源を落として下さい。
翌日またはしばらくして良い相場になるのを待とうと切り替え、出来るだけポジティブな状態でトレードに臨む事で良い結果を生み出します。

 

人間は根本的に投資に向かない生き物だと言われています。それは、得をする時と損をする時で価値感が異なり、利益や損失を伴う選択をする場面では常に間違った選択をしてしまいます。
死ぬ気になって検証しリスクリワードも考え尽くした最高のトレードルールであっても、それはあくまでも確率論から生まれていて100%勝つ事を保証している訳ではありません。ですから、4連敗5連敗は受け入れられなくなるというのは間違っているんです。
トレードルールは100%勝つ事を保証している訳ではなく、トータルの結果で利益をもたらす筈です。それを理解していれば、メンタルは関係なくトレードルール通りに10回でも20回でも迷うことなく損切出来るはずです。
勝つ事だけを目標にしてしまうと、損失は特に強く印象に残り思考がネガティブになってしまうので、勝つ事だけを目標としないでトータルで負けないことを目標として

 

メンタルに左右されずに必ずストップを置き続ける事、一貫してトレードルールに従う事、

 

それが最も重要なのです。

 

前に戻る

各種通貨ペアの特徴

 

TOPページ

 

ページTOPに戻る