FXの売買損益の計算方法

メニュー

売買損益の計算方法

差金決済による売買損益

FX(外国為替証拠金取引)のように、現物の受け渡しを伴わず、反対売買による決済で売買損益を差金の計算だけで授受されることを差金決済と言います。

 

では、千通貨や1万通貨で取引すると、どのくらいの損益が出るのでしょう?
実際に取引を始める前に机上で計算してみましょう。

 

円絡みの通貨ペアの売買損益の計算方法

ドル/円で、100.50円で買いで約定し、101.00円で売りで決済した場合

 

pips換算にしてみると、0.01円(1銭)=1pipsなので、
(101.00-100.50)×100=50(pips)

 

1通貨あたりの利益は、
101.00−100.50=0.5(円)

 

1000通貨での取引だった場合の利益は、
0.5(円)×1000=500(円)

 

10,000通貨での取引だった場合の利益は、
0.5(円)×10,000=5000(円)

 

クロス円(ユーロ/円やポンド/円など)でも同様に計算できます。

 

つまり、ドル/円やクロス円などの「円」絡みの通貨ペアでは、50pipsの利益は、千通貨なら500円、1万通貨なら、5000円になります。
損失も同様に、50pipsの損失で、千通貨なら-500円、1万通貨なら-5000円になります。
簡単ですよね。

 

では、円が絡まない通貨ペアの売買損益はどうなるでしょう?
少しややこしくなりますが、難しいことはないので、読み進めてみて下さい。

 

円が絡まないドルストレートの売買損益の計算方法

ユーロ/ドルで、1.10000ドルで買いで約定し、1.10500ドルで売り決済した場合
(このとき、ドル円レートは1ドル102円だったとする)

 

pips換算してみると、0.0001ドル=1pipsなので、
(1.10500-1.10000)×10000=50(pips)

 

1通貨あたりの利益は、
1.10500−1.10000=0.005(ドル)

 

1000通貨での取引だった場合の利益は、
0.005(ドル)×1000=5(ドル)
米国のFX業者ならこのままですが、日本のFX業者の場合、通常この利益は自動的に円転換(コンバージョン)されます。
1ドル=102円だった場合、
5(ドル)×102(円)=510(円)

 

10,000通貨での取引の場合の利益は、
0.005(ドル)×10,000=50(ドル)
円転換されると、
50(ドル)×102(円)=5100(円)

 

つまり、ドルストレートの場合の50pipsの利益は、千通貨なら5ドル×【ドル円レート】、1万通貨なら、50ドル×【ドル円レート】というように、円転換(コンバージョン)と言って、どうしても円に戻さなければならない都合上、決済時時点のドル円の為替レートが絡んできます。

 

クロス通貨の売買損益の計算方法

ドルも円も絡まないクロス通貨の場合、例えばユーロ/ポンドでは、通貨単位はポンドであらわされるので、コンバージョンは自動的に【ポンド/円】の価格を掛け合わされることになります。

関連ページ

レバレッジと取引通貨単位の関係|FXの仕組み
FXの取引に使われるレバレッジ、レバレッジを上げると取引にどういった影響があるのでしょう?また、取引通貨単位とレバレッジの関係について解説しています。初心者にも分かりやすいようFX(外国為替証拠金取引)を解説しています。
必要証拠金と有効証拠金|FXの仕組み
FX(外国為替証拠金取引)の口座に預ける資金は、必要証拠金と為替差損益と有効証拠金になります。有効証拠金は必要証拠金に対してどのくらいの割合が妥当なのかという点を考え方と理由を解説しています。