必要証拠金と有効証拠金|FXの仕組み

メニュー

必要証拠金と有効証拠金

必要証拠金

FX業者に口座開設をすると、まず、取引に必要な資金を開設した自分のFX口座に振込みます。
FX取引をする際、このFX口座に預け入れた一部を必要証拠金とします。
必要証拠金は、FX取引を行うための担保として最低限必要となる証拠金額で、

必要証拠金=(為替レート×取引数量)÷レバレッジ

で算出できます。

 

例えば、ドル円の為替レートが1ドル100円のとき、レバレッジ25倍で1,000通貨の取引をする際の証拠金は、

 

(100×1,000)÷25=4000(円)

 

この4千円が、1,000通貨で取引するのに最低限必要な証拠金です。
つまり、最低4千円以上の資金が口座になければ、1000ドルでの運用ができないということになります。

 

金融庁のレバレッジ規制により、必要証拠金は、2011年8月1日より、取引の額の4%以上(レバレッジ25倍まで)とされています。法人については、取引額の1%(レバレッジ100倍まで)となっています。

 

有効証拠金とロスカット

FX口座に預託されている資金の一部は取引の為替差損益に使われ、残りは有効証拠金として扱われます。
この有効証拠金が保有しているポジションの為替差損(含み損)により、必要証拠金を下回ると、強制ロスカットとなることがあります。
このロスカットのルールは業者によって異なり、有効証拠金が必要証拠金を下回った時点でロスカットとしているところと、有効証拠金が必要証拠金の50%を下回った時点でロスカットとしているところもあります。
ロスカットの判定も即時としているところと、ニューヨーククローズ時点でとしているところなど、それぞれですので、利用される業者の詳細をご確認ください。

 

FXでの資金管理

FXなどの投資に、リスク管理資金管理が重要だということは、当サイトで何度もお伝えております。しつこいようですが、資金管理のお話です。
FX口座の残高が10万円で、レバレッジ25倍必要証拠金が10万円の取引した場合、損失を出してしまうと、次は証拠金不足で同じ数量で取引を継続できません。それどころか、FX業者によっては口座の残高が証拠金を割り込んだ時点で強制ロスカットになってしまうので、ポジションを持ったと同時にロスカットなんてこともあり、まともな取引さえさせて貰えません。
ロスカットを防ぐため、余裕資産が必要
では、有効証拠金は、資金に対してどのくらいが妥当なのでしょう?

 

初心者でお試しや練習として、FX取引したい場合は資産がいくらあったとしても、1通貨単位程度で取引するべきです。

 

そうでなければ、考え方は様々あると思いますが、ひとつ目安とするならレバレッジなしでも取引出来る数量が妥当かと思います。

 

例えば、ドル円が1ドル100円のとき、資金が100万円あるとすれば、レバレッジ無しなら100万円で10,000ドルで取引できます。ですから、取引数量の目安は10,000通貨以下です。よりマージンを取って1,000通貨や100通貨からの取引でも良いです。もし、資金が10万円ならば、取引数量の目安は1000通貨以下です。
レバレッジ25倍で、10,000通貨で取引するときの必要証拠金は40,000円、有効証拠金比率で言えば2500%です。

有効証拠金比率=有効証拠金÷必要証拠金×100

資金管理の観点で、相場が急変して一気に何百pipsも逆に持っていかれる可能性もあります。その時、継続不可能なロットで取引していたらダメなんです。
安全マージンを取って取引していると、もちろん利益スピードは緩やかなのですが、資産を増やしてロットを上げて複利運用をするとすれば、利益曲線は緩やかでも構わないのです。それよりもリスク管理をしっかりとって継続できる事が重要だと考えます。

 

 

資金管理として折角なので、少し損切についての考え方をお話しします。
相場の値動きに100%はないので、思惑と違う値動きに対しての損切は絶対必要です。ただし本当に思惑と違う値動きなのかという判断力も必要です。
上昇相場を予測できても押し目が思った以上にきつい事もあり、狙っていても底でピンポイントでエントリーするのは難しいものです。損切を繰り返すことで、いくらでも損をすることもできてしまいますから、なんでもかんでもとにかく少しでも逆に行ったら損切、という考え方も間違っていると思います。相場の値動きの判断はチャートの形がほぼすべてなので、このラインを大きく割らなければまだトレンドは継続するという感覚を養って下さい。長い時間足の方向感の押し目や戻りで、大きな方向感に乗っていれば、そうそう負けるトレードも減ってくると思います。

 

関連ページ

レバレッジと取引通貨単位の関係|FXの仕組み
FXの取引に使われるレバレッジ、レバレッジを上げると取引にどういった影響があるのでしょう?また、取引通貨単位とレバレッジの関係について解説しています。初心者にも分かりやすいようFX(外国為替証拠金取引)を解説しています。
売買損益の計算方法|FXの仕組み
FXで取引をすると、取引数量や獲得pipsによって、どのくらいの損益が発生するのでしょう?円絡みの取引ならばなんとなくでも分かりそうですが、FXでは、ユーロドルなど円が絡まない通貨ペアでも取引が可能です。その際の損益ってどう計算されるのでしょう?実際に取引を始める前に、まずは机上で計算してみましょう。売買損益の計算方法について詳しく解説しています。