レバレッジと取引通貨単位の関係

メニュー

レバレッジと取引通貨単位の関係

レバレッジ

レバレッジの元々の意味はテコと言う意味です。小さい力で大きな力を与えるテコの原理のようなイメージです。
レバレッジとは、テコの原理
FXでは小さい証拠金を基準に、実際にはレバレッジ○○倍となる大きな金額で取引をしています。
日本では、レバレッジの規制があり、法人以外のFX口座の取引のレバレッジは、最大25倍までとなっています。
つまり、取引したい金額の25分の1の資金だけで、取引したい金額と同じ効果を発揮します。
これをレバレッジ効果といいます。

 

通貨単位

通貨単位とは、その国の通貨の単位で、円なら1通貨単位1円、ドルなら1通貨単位1ドルと言うことです。
FXでいう取引通貨単位は、2国間で取引相手となる通貨の取引する量を表します。

 

つまり、
ドル/円の、 1通貨単位は、1ドル。
ユーロ/円の、1通貨単位は、1ユーロ。
ユーロ/ドルの、1通貨単位は、1ユーロ。
ユーロ/ポンドの、1通貨単位は、1ユーロ。

 

ドル/円で1万通貨で取引すると言ったら、1万ドル(円換算で約100万円)で取引することになります。

 

レバレッジと取引通貨単位の関係

FXの業者によっては、1通貨単位など小さな取引も可能で、証拠金を小さくすればする程、低リスク低リターンの投資も可能とも言えます。
ただ言ってしまえば、1通貨の取引ならば、100円で1ドルを買うことと同じですから、レバレッジ効果の旨味はありません。
1万通貨単位、10万通貨単位で取引しようとすると、レバレッジなしでは1万ドルは100万円、10万ドルは1000万円と高額な資金が必要になってしまいますから、ここでレバレッジを掛けるFX取引が生きてくることになります。

 

例えば、

資金10万円でドル円相場が1ドル100円のときにロング(買い)、101円になったところで売り決済したとします。

 

●レバレッジなしでは、
10万円全額でも、1000ドルしか買えないので、
1,000円の利益になります。

 

●レバレッジ25倍では、
10万円の証拠金で2万5千通貨(25,000ドル)買えるので、
25,000円の利益になります。

このように、レバレッジがなし、または25倍のレバレッジを掛けるかによって、実際に取引出来る取引通貨単位が変わるので、レバレッジ効果によって、実際の資金以上の利益を上げることが可能です。

 

しかし、レバレッジ効果を最大限利用して資金以上の高額で取引したいと思ってしまうのは、人の欲望です。

 

損失についても考えてみて下さい。

逆に相場が予想に反して99円まで円高になったので損切りした場合

 

●レバレッジなしで、
10万円全額で1000ドル買っていると、
1,000円の損失になります。

 

●レバレッジ25倍で、
10万円の証拠金で2万5千通貨(25,000ドル)買っていると、
25,000円の損失になります。

間違ってはいけないことは、レバレッジをかけるなら高額がいいという訳ではなく、あくまでも、もし勝ち続けられるなら利益効率がいいというだけの話です。
当然、高額になればなるほどリスクが大きくなるので、まだ勝てるかどうか自信がないのなら、単に無謀な投資となります。
ですから、初心者のFX取引は、出来るだけ最低取引通貨単位が低いFX業者で取引されることをおすすめしています。

 

最低取引通貨単位から選ぶFX業者

 

 

 

 

 

関連ページ

必要証拠金と有効証拠金|FXの仕組み
FX(外国為替証拠金取引)の口座に預ける資金は、必要証拠金と為替差損益と有効証拠金になります。有効証拠金は必要証拠金に対してどのくらいの割合が妥当なのかという点を考え方と理由を解説しています。
売買損益の計算方法|FXの仕組み
FXで取引をすると、取引数量や獲得pipsによって、どのくらいの損益が発生するのでしょう?円絡みの取引ならばなんとなくでも分かりそうですが、FXでは、ユーロドルなど円が絡まない通貨ペアでも取引が可能です。その際の損益ってどう計算されるのでしょう?実際に取引を始める前に、まずは机上で計算してみましょう。売買損益の計算方法について詳しく解説しています。