自分流トレードツールMT4(メタトレーダー4)

メニュー

自分流にカスタマイズするトレードツールMT4(メタトレーダー4)

MT4(メタトレーダー4)

MT4(メタトレーダー4)とは

FXで利用するチャートソフトで世界中のトレーダーの定番と言えば、MT4(メタトレーダー4)です。MT4は、メタクオーツ社が開発した高機能取引ツールのトレーディングソフトです。
誰でも無料でインストールできて、豊富なテクニカル指標(インジケーター)やチャートオブジェクトを組み合わせて利用できます。それだけならどこのチャートソフトでも同じですが、MT4が世界中で親しまれている最大の理由は、拡張性の高さです。プログラミングすることでオリジナルのEA(自動売買)の開発や、オリジナルのインジケーターも自作できるのです。これが最強の取引ツールと言われる由縁です。

 

プログラミングが出来なくても大丈夫

プログラミングなんて難しそうだと思われかもしれません。しかし、プログラミングなんて出来なくても様々なEAやインジケーターがインターネット上に溢れているので問題ありません。今も世界中の誰かが新しいEAやインジケーターを作っているので、自分好みのものを探して使えばいいのです。一部有料で売られてますが、無料でダウンロード出来るサイトも数多く存在します。

 

ネット上からダウンロードしたインジケーターなどのmt4ファイルは、MT4がインストールされているフォルダ内に保存します。インジケーターファイルのインストール先は、以下の通り。

「ハードディスク:C」→「Program Files」→「Metatrader4」→「experts」→「indicators」

インストール後はMT4を再起動すると反映します。

 

自分好みの仕様でFX市場を分析する

MT4の基本的な仕様はとても軽く、チャートは軽快にサクサク動くので、チャート上の1分足の細かい動きまで見極めたいスキャルピングにも重宝します。また、MT4には約30種類の定番インジケーターが標準装備されています。標準装備されるインジケーターは、EMA、SMA、MACD、ストキャスティクス、フィボナッチ、ボリンジャーバンド、一目均衡表などなど、このような定番のテクニカルで十分という方も多いでしょう。もちろん、これらのテクニカルインジケーターは、反映する期間などの細かいパラメータの設定変更が可能ですし、新たなインジケーターをダウンロードするなど、自分流にこだわった仕様にチャートを作り込めることがMT4の良いところです。
このようにEA(自動売買)を利用せず、自分好みのチャートソフトとしてFX市場の分析をするならば、開発元であるメタクオーツ社からMT4をダウンロードすると良いです。

 

最新版MT5(メタトレーダー5)は失敗作?

ちなみにメタクオーツ社からは、次世代プラットフォームであるMT5(メタトレーダー5)のダウンロードも可能です。MT5は、2011年にメタクオーツ社からリリースされましたが、2017年現在いまだにメタトレーダーを扱うどのFX業者でもMT4が主流となっています。通常どんなソフトであっても最新版が好まれる筈なのになぜ?と疑問に思うでしょう。

 

MT5は、見た目にはMT4と殆ど変わりませんが、中身が大きく変わってしまいました。中身が大きく変わること自体はいいのですが問題は、前作MT4のプログラムファイルとの互換性がなくなってしまったことです。最新版であっても前作のプログラムファイルは利用出来るようにするべきだと思います。例えば、OfficeのExcel 2003で作成したファイルが最新版のExcel 2013でも開けるのは当然のことです。これが最新版のExcelでは古いファイルに対応しませんと言われたら誰も最新版など欲しがりませんよね。MT5は、前作のMT4との互換性の無さで失敗し、未だメジャーにはなってません。MT5が失敗作だと言うのはそんな理由なのですが、だからといってMT5がダメソフトだと言うつもりはありません。MT5では、新たに2分足と8時間足が追加されて、市場分析する幅が広がったことは良いところです。EAとして使うには対応するFX業者がないのが現状ですが、チャートソフトとして市場分析するには必要十分な機能を備えています。
とは言え、ネット上からEAやインジケーターをダウンロードするにもMT4の方が圧倒的に数が勝ることもあり、おすすめはやはりMT4です。

 

MT4のEA(自動売買)を利用する

EAを利用して完全自動の売買をするなら、取引システムの都合上、取引をする業者からMT4をダウンロードすることが必須になります。自動売買を行うメリットは、当然プログラムに従うことになるので、24時間いつでもトレードルール通りのトレードを行う点です。裁量トレードではメンタルが邪魔をして分かっていてもルール通り取引が出来ないこともあるでしょう。ならいっそのこと機械に任せてしまった方が良いということです。EAのプログラムが行うトレードに優位性があるとするならば、ほっておくだけで利益が増える仕組みとなるでしょう。EAのプログラムに優位性があるのかどうかは、MT4の過去チャート実績からバックテストを掛けて調べることが可能です。ある一定の期間、一定の通貨ペアで最適化しただけの単純なEAプログラムもないとも言えないので、バックテストの期間は出来るだけ長くとり、数種類の通貨ペアで試してみることをおすすめします。
EAのプログラムが出来る人なら誰でも自動売買プログラムを作成できることから、注意しないとならないのは、中には勝率だけを重視したEAもあることです。例えば勝率100%のEAプログラムはかなり怪しいですね。自動売買は勝率を重視するあまり、ストップ幅が広く取られがちになりますが、極端に引っかかる筈のない幅に設定されたしょーもないEAも存在します。いずれはどうしようもない程の含み損を抱えて強制ロスカットに逢うことにもなるので、このようなEAの使用は避けたいものです。

 

24時間EAを稼働するには

EAを稼働させて24時間自動売買を行うのにPCを24時間稼働させておいても良いのですが、PCがフリーズするなどのトラブルでポジションがそのままになってしまうのは困りますよね。EAを稼働させるならクラウド型デスクトップサービスの利用をおすすめします。クラウド型デスクトップサービスとは、簡単に言うとネット上にあるパソコンを利用できるサービスです。ネット上のパソコンをリモート操作でMT4をインストールしてEAを稼働させるということになります。自分のPCは電源を落としてもEAは24時間稼働し続けてくれるという仕組みです。

 

おすすめは「お名前.com Windowsデスクトップ」です。「お名前.comデスクトップクラウド forFX」では、ネット上の Windowsデスクトップクラウドで24時間安定した稼働が可能です。FXの自動売買用に最適な環境を提供しているのが特徴です。
また、iPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレット端末からFX自動売買ソフトを快適に使える、オリジナルのアプリも用意されています。いつでもどこからでもデスクトップクラウドを稼動し、FX自動売買を開始できます。
また、ネット上のWindowsですから、お使いのPCが、Macであっても動かすことが可能です。

 

お名前.com Windowsデスクトップ

 

MT4を扱うFX業者

MT4を扱うFX業者で、おススメは「OANDA」です。「OANDA」は、約定力の高さで一目置いている業者で、約定率100%、約定スピードも0.057秒以内と公表されています。レート配信は、間にディーラーやアルゴリズムの介入を排除したNDD(ノー・ディーリング・デスク)方式を採用し実勢レートに則したレートですから、透明性の高さでも評価できる業者です。また、MT4用に注文を受けるサーバーを東京に新設(これまではNY)したことで、約定スピードが更に早くなり、25万通貨以上の大きな取引でも狭いスプレッドを維持しています。

 

 

オアンダ紹介動画(YouTube)

 

 

MT4スプレッド2


関連ページ

サラリーマンのFX副業はバレない?
FXを副業とした場合、勤め先の会社にバレてしまわないのでしょうか?というサラリーマンの疑問にお答えした記事です。