1通貨単位から取引可能なFX業者|取引通貨単位から選ぶ

メニュー

1通貨単位から取引が可能なFX業者

1通貨単位から取引が可能なFX業者の紹介です。

 

取引通貨単位とは、通貨ペアで取引相手となる国の通貨を基準として、取引する量のことをいいます。

 

例えば、米ドル/円の通貨ペアでいうと、取引相手となるアメリカの通貨単位はドルで、1通貨単位で取引することは、1ドル単位で取引することになります。
FXでは、近年千通貨単位から取引出来る業者も増えましたが、通常1万通貨単位から取引が可能です。1通貨単位から取引出来る業者については、少数となっています。

 

1万通貨単位で取引すると、10銭の値動きで、1000円の利益または損失が発生します。しかし、1通貨単位での取引なら10銭の値動き程度では、僅か0.1円の損益ですので、十分少ないリスクで取引が可能ということが出来るので、特に初心者におすすめしています。もちろんそれ以上に取引通貨単位を引き上げることも可能で、細かい単位でロット上げが可能ですから、複利でコツコツ利益を上げる計画も立てやすく、ベテランの人でもメリットは大いにあります。

 

また、ここで紹介する【SBIFXトレード】と、【OANDA】は、独自の特色のある優良企業ですから、是非ベテランの方にも使って欲しいFX業者です。

 

SBI FX トレード

SBI FX TRADE

SBI FXトレードのここがいい!

おすすめポイント!

●各通貨ペア1通貨単位からの取引可能!
全12通貨ペアで、1通貨単位からの細かい取引が可能ですから、初心者におすすめ出来る業者です。

 

●オリコン日本顧客満足度ランキングにて
SBI FXトレードは、2015年のオリコン日本顧客満足度ランキングの「取引手数料・コスト部門」および「初心者部門」にて第1位の評価を得ています。

 

●業界最狭水準のスプレッド
FX業界でも希少な小数点以下4桁までのレート表示で、ドル円0.27銭(原則固定)は業界最狭水準です。
また、スプレッドの広がりは指標時でもほぼ固定幅をキープしているので非常に良好です。

 

●様々な金融機関約280行からクイック入金可能
金融機関約280行からクイック入金可能!口座開設後即取引が開始できます。

SBI FXトレード

 

SBI FXトレードのここはダメ!

●取引量によってスプレッドの設定が異なる点
●PCの高機能ツールの使い勝手はもう一歩進化して欲しい

 

 

 

 

 

OANDA Japan

【OANDA Japan】

おすすめポイント!

●初心者にもおすすめ!1通貨から取引可能
個人のレバレッジは25倍なので、ドル/円だと、4円の証拠金から取引が可能なので、極端な話10円だけ口座にあれば取引可能です。LOT上げも1通貨刻みで、細かい取引が可能です。

 

●信頼のNDD方式採用
取引方式についてはあまり浸透がないので大きく公表されていませんが、オアンダは、NDD(ノー・ディーリング・デスク)方式を採用しており、顧客の注文をディーラーを介さずにそのまま取引先銀行に流しています。

 

●高い約定力で隠れコストなし!
約定拒否なし約定率100%を誇ります。また、NDD方式を採用している業者の特徴にもなりますが、約定スピード0.057秒と高速約定なので、スリッページが少なく、もしスリッページが発生しても良い方悪い方ほぼ五分五分です。

 

●海外のベストブローカー賞受賞
海外ではベストブローカー賞受賞など数々の賞を受賞しており、世界取引高も14位の信頼できるFX業者です。

 

●豊富な通貨ペア71種類
人気の通貨ペアからマイナー通貨ペアまで、幅広いラインナップで、今一番旬な通貨ペアを選んで取引が出来る。

 

MT4スプレッド

 

 

ここはダメ!

●スプレッドはやや広め(約定力でカバーできることを考えると実質それほど気になる事はない)
●毎秒スワップポイントは、ふつうでいい

関連ページ

100通貨単位から取引可能なFX業者|取引通貨単位から選ぶ
最低取引単位が、100通貨単位から取引可能なFX業者の案内です。FX業者によって最低取引通貨単位が違います。取引通貨単位とは、取引する2つの通貨ペアの取引相手となる通貨単位の数量で、ドル円の100通貨と言えば100ドル(約1万円)で取引することになります。取引通貨単位が低い業者ならその分だけリスクを抑えることが可能です。
1000通貨単位から取引可能なFX業者|取引通貨単位から選ぶ
最低取引単位が、千通貨単位から取引可能なFX業者の案内です。FX業者によって最低取引通貨単位が違います。取引通貨単位とは、取引する2つの通貨ペアの取引相手となる通貨単位の数量で、ドル円の1000通貨と言えば1000ドル(約10万円)で取引することになります。取引通貨単位が低い業者ならその分だけリスクを抑えることが可能です。